ホームページ作成に必要なプログラミング言語は?制作方法も解説

コラム
この記事は約4分で読めます。

ホームページ作成にプログラミング言語は必要?

最近はノーコードでホームページを作れるサービスも増えていますが、制約があったり、完全オリジナルのページを作るのは難しいです。

ノーコードに頼らず、ホームページを1から作成する際には、プログラミング言語を理解する必要があります。

ホームページ制作に欠かせないプログラミング言語をご紹介します。

 

 

HTMLとCSSが必須!ホームページ作成の基本を理解しよう

ウェブ開発において、HTMLとCSSは非常に重要な技術です。

HTMLがウェブページの基本的な構造を提供し、CSSがその構造にスタイルを加え、ホームページを作ります。

ウェブ開発の初心者は、これらの基本をしっかりと学ぶことで、ウェブサイトの作成に必要なスキルを身につけることができます。

 

HTML (HyperText Markup Language)

HTMLは、ウェブページの骨格を作るマークアップ言語です。

ウェブページ上でコンテンツをどのように表示するかをブラウザに指示します。

HTMLは、<head><body>などのタグを使用して、ページの構造を定義します。

 

CSS (Cascading Style Sheets)

CSSは、ウェブページのデザインを担当するスタイルシート言語です。

HTMLで作成されたウェブページの見た目を美しく整えるために使用されます。

CSSを用いることで、レイアウトの調整、色の指定、フォントスタイルの変更、アニメーションの追加などができます。

 

 

ホームページ作成に役立つプログラミング言語3選

「MBAとタイプする手」の写真

ホームページ作成に役立つプログラミング言語について、さらに詳しくご紹介します。

JavaScript

JavaScriptは、ウェブサイトに動的な要素を追加するためのプログラミング言語です。

ユーザーの操作に応じてコンテンツをリアルタイムで更新したりすることができます。

例えば、フォームのバリデーション(エラーがあるかどうかをチェックすること)、画像スライダー、動的なデータの表示などはJavaScriptを使います。

また、フレームワークやライブラリを利用することで、開発をより効率化し、より複雑な機能も容易に実装できます。

 

jQuery

jQueryは、JavaScriptのライブラリの一つで、ウェブサイトの開発を簡単かつ迅速にするために広く使用されています。

DOM(Document Object Model)の操作、イベントハンドリング、アニメーションの追加などが、より少ないコードで実装できます。

 

PHP

PHPは、サーバーサイドで動作するスクリプト言語で、ウェブアプリケーションのバックエンド開発に広く利用されています。

データベースとの連携、セッション管理、フォームの処理など、ウェブサイトの動的な機能を実装する際に重要な役割を果たします。

PHPは、MySQLやPostgreSQLなどの多くのデータベースシステムと組み合わせて使用され、コンテンツ管理システム(CMS)やブログ、Eコマースサイトなどの構築にも適しています。

 

ホームページ制作に使うプログラミング言語を学ぶ方法とは?

勉強会のイラスト(スーツ・アジア人)

無料学習サイトを活用する

オンラインのチュートリアルやコースを利用してプログラミング言語を学びましょう。

こちらで詳しく解説しています↓

プログラミング無料学習 おすすめサイト5選!独学のコツやスクールとの違い
今、「プログラミングを始めてみたい!」という方が増えています。 でも「何から始めれば良いの?」という方も多いのではないでしょうか。 今回は、無料で学べるプログラミング学習サイトをご紹介します。 大人が利用する想定でチョイス...

 

書籍を読んで学習する

専門書や入門書を読んで基本から学びましょう。

最近では、図書館にも多く本が置いていますので、お住まいの市区町村の図書館もチェックしてみてください。

 

プログラミングスクールで学ぶ

実践的なスキルを身につけるためにプログラミングスクールに通うこともおすすめです。

プログラメイクはプログラミングコースの生徒随時募集中!

10回のレッスンを通して、HTML・CSS・JavaScriptの基礎が学べます。

詳しくはこちら

 

プログラミング不要!初心者でも簡単にホームページを作成する方法

ノーコードツールを使えば、プログラミングスキルがなくても簡単にホームページを作成できます。

ノーコードについてはこちらの記事でも紹介しています↓

ノーコードとは? メリットと注意点、ローコードの違いを解説
ノーコードとは? ノーコード(No-Code)は、プログラミングの知識がなくてもアプリケーションやウェブサイトを構築できる手法です。 開発者でなくても、ノーコードツールを使用してビジネスニーズに合ったものを作成できます。...

 

まとめ:ホームページ作成に必要な知識を振り返る

ホームページ作成にはプログラミング言語の知識が必要ですが、初心者でも学習方法を選ぶことで効率的にスキルを身につけることができます。

プログラミングは難しそうなイメージをお持ちの方も多いですが、やってみると意外とできた!という方も多いです。

この機会に、ぜひ挑戦してみませんか?

この記事を書いた人

ProgrameiQ教室長。
大阪音楽大学卒業。在学時に教員免許を取得。
15歳の時から約10年間音楽活動を続けた後、プログラマーとして都内のWEB制作会社にて勤務。
その後、子どもたちの未来を拓く手助けをしたいと考え、現在はProgrameiQの教室長兼メイン講師として現場に立ちつつ、教材開発や全体のシステム化に力を入れている。

ProgrameiQをフォローする

ご案内

年中から社会人・シニアまで学べるプログラミング・パソコン教室「ProgrameiQ(プログラメイク)」の体験会に参加してみませんか?

ProgrameiQ ジュニアクラス(対象:年中〜高校生)

ジュニアクラスは、プログラミング教室には珍しい、個別指導型を採用。お子様の年齢や習熟度・興味関心に合わせて、毎レッスンごとにカリキュラムを作成しております。
教材は、小さなお子様でもできる簡単なものから本格的なもの、ロボットまで、10種類以上ご用意。飽きずに楽しく続けることができます♪

また、レッスン後も営業時間終了までお預かりするサービスもございます。大人がいる環境なので共働きでも安心★
  • プログラミングやゲームに興味がある
  • 学童に行かせるか迷っている
  • 子どもが何に興味があるのかよくわからない
  • 他のプログラミング教室に通っているが、飽きてしまったみたい…
そんな方におすすめです!


体験会のご予約はこちら



ProgrameiQ リカレントクラス(対象:大学生〜シニア)

リカレントクラスは、
  • パソコンを学び直したい
  • 今の時代に合わせた知識をつけたい
そんな大人のためのクラスです。

PC操作やOfiiceを学べるコースだけでなく、
「習い事」としてプログラミングを学べたり、 ProgrameiQ独自のシステム「オーダーメイドレッスン」もご用意。

やりたいことや目標をヒアリングして、あなただけのカリキュラムでスキルをしっかり身につけることができます。
マンツーマンでの指導なので、自分のペースで学習できるのもポイントです★

体験会のご予約はこちら

ProgrameiQをフォローする
コラム
スポンサーリンク
ProgrameiQ公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました